肺炎(市中肺炎)の治療

肺炎は発生した場所によって市中肺炎と院内肺炎に分類されます。市中肺炎は病院外で発症した肺炎で、院内肺炎は病院に入院中に発生した肺炎です。

市中肺炎は原因菌により一般細菌によるものとそれ以外のもの(非定型肺炎)に分けられます。

一般細菌では肺炎球菌が最も多く、インフルエンザ菌がこれに続きます。

それ以外のもので多いのがマイコプラズマで、若年者に好発します。ついでクラミジアによるものが多くなっています。

診断

肺炎の診断は

  1. 胸部レントゲンで肺炎像確認、
  2. 発熱・咳・痰・呼吸困難などの症状、
  3. 白血球増加・CRO上昇などの検査所見

によって行います。

肺炎球菌とレジオネラ菌については尿検査で確認します。

重症度判定

表の項目を満たす数が、0:軽症、1または2:中等症、3:重症、4または5:超重症です。

肺炎の重症度

  1. 年齢:男性70歳以上、女性75歳以上
  2. 採血でBUN(尿素窒素) 21mg/dl以上または脱水あり
  3. SPO2(酸素飽和度)90%以下
  4. 意識障害
  5. 血圧:収縮時血圧が90mmHg以下

(「成人市中肺炎のガイドライン」より)

治療方針について

重症度分類に基づき、一般的に、軽症は外来治療、中等症は外来または入院治療、重症は入院、超重症はICU管理が必要です。

 

カードでのお支払いができます

診療時間

診療時間表

午前 9:00~12:00
午後 15:30~19:00
【休診日】木曜午後・日曜・祝日
(受付時間:9:00~11:30、15:30~18:30)

外来受付および電話受付の時間
9:00~11:30、15:30~18:30
診察は予約の方が優先となります。また、診察の質を維持するため、時間当たりの診察枠が一杯になった場合、外来受付を早期に終了することがありますのでご了承ください。

外来について